岡山交通

地域(エリア)別索引タグ(キーワード)別索引モデルコース
観光スポット紹介記事を関連するタグ(キーワード)から捜せます
歴史・寺社仏閣、自然
岡山中心部発・日帰り観光モデルコース
所要時間別に「まとめて」見る

大原家住宅

概要 主屋をはじめ10棟が国の重要文化財に指定

天領だった倉敷では、旧来「古禄」と呼ばれる世襲の勢力が栄えていたが、新田・塩田開発と倉敷川の水運の利を生かして「新禄」という商人の新興勢力が台頭してきた。その中でもこの大原家と大橋家が筆頭格であった。大原家は綿仲買商人として大いに発展した。主屋は江戸時代後期の建築と推定されている。大原家は倉敷川の終点に位置し、河岸の両側に店舗と蔵を構えた。 1889年(明治22年)大原孝四郎は倉敷紡績(クラボウ)の設立に参加した。これらをさらに発展させたのが大原孫三郎である。このとき大原家は財閥ともいえる発展を遂げた。そこで得た富で息子の総一郎と共に、倉紡中央病院(現在の倉敷中央病院)や大原美術館など数々の施設を造営した。旧大原家住宅は1971年(昭和46年)3月11日に、主屋をはじめ10棟が国の重要文化財に指定された。1982年には土地が重要文化財に追加指定されている。倉敷美観地区内、倉敷川に面して建つ。倉敷川に架かる今橋を渡った対岸は大原美術館である。宅地は南が川、東と北が道に面し、敷地南東隅に主屋が建つ。主屋に接して内倉と離座敷があり、敷地北側は路地に面して5棟の倉(東から倉、新倉、中倉、内中倉、北倉)が立ち並び、独特の景観を形作っている。他に北倉の南に壬子倉(みねぐら)と西倉が建つ。主屋は1階の格子や2階の窓のデザインに特色があり、それぞれ「倉敷格子」「倉敷窓」と呼ばれている。

所在地 倉敷市中央1-2-1/td>
URL http://www.city.kurashiki.okayama.jp/dd.aspx?menuid=5391
備考 外観のみ見学可能

この掲載情報は古くなっている可能性がありますので、必ず公式HP等でご確認のうえご利用下さい。

選択可能な車種
画像をクリックするとその車種の詳細ページを開きます









本社 〒700-0942 岡山市南区豊成1-14-12
TEL 086-263-3337 FAX 086-264-9893
お問い合わせ先一覧はこちら

Return Top