観光

Category
阿伏兎観音(磐台寺)
  阿伏兎観音(磐台寺) 磐台寺(ばんだいじ)は広島県福山市沼隈町能登原にある臨済宗妙心寺派の寺院。本尊は十一面観音。瀬戸内海に面する阿伏兎(あぶと)岬にあるので阿伏兎観音とも呼ばれる。瀬戸内三十三観音霊場第二十四番札所、備後西国三十三観音霊場第四番札所。険しい海食崖が続く沼隈半島の南端である阿伏兎岬は奇勝として知られ...
いろは丸展示館
  いろは丸展示館 いろは丸展示館(いろはまるてんじかん)は、広島県福山市鞆町の鞆の浦にある、鞆沖合で1867年5月26日に起こったいろは丸と明光丸の衝突事件の概要を展示する博物館である。1989年(平成元年)7月に開設された。展示館は鞆の浦のシンボル「とうろどう」(常夜灯)のすぐ手前に位置する、「大蔵」と呼ばれる江戸...
鞆の浦歴史民俗資料館
  鞆の浦歴史民俗資料館(潮待ちの館) 福山市鞆の浦歴史民俗資料館(ふくやましとものうられきしみんぞくしりょうかん)は、広島県福山市鞆町にある博物館。「潮待ちの館」の愛称をもつ。万葉の時代から栄えた鞆の浦を中心とする瀬戸内の歴史と文化を紹介する施設で、福島正則が築いたとされる鞆城跡(福山市指定史跡)に建てられている。庭...
円福寺・大可島城跡
  円福寺 円福寺(えんぷくじ)は、広島県福山市にある真言宗大覚寺派の寺院。山号は南林山。詳しくは、南林山 釈迦院 円福寺と号する。当寺院の前身は、釈迦堂と呼ばれ室町時代には存在していたようであり、沼名前神社の南に位置していた。当寺院の建つ場所は戦国時代以前は島であったが、慶長5年(1600年)頃の鞆城建造に伴い陸続き...
福禅寺・対潮楼
  福禅寺 福禅寺(ふくぜんじ)は、広島県福山市鞆町にある真言宗大覚寺派の仏教寺院。山号は海岸山、院号は千手院。境内は「朝鮮通信使遺跡鞆福禅寺境内」として国の史跡に指定されている。創建は平安時代の950年頃、空也による創建と伝えられる。現在の本堂と隣接する客殿(対潮楼)は江戸時代の元禄年間(1690年頃)に建立された。...
大田家住宅・七卿落遺跡
  大田家住宅・七卿落遺跡 太田家住宅(おおたけじゅうたく)は広島県福山市鞆町にある歴史的建造物(民家)。元は福山藩の御用名酒屋を務めた保命酒の蔵元「中村家」の屋敷で、明治時代に太田家の所有となった。瀬戸内海の近世商家建築を代表するもので、1991年5月31日に国の重要文化財指定を受けた。また鞆七卿落遺跡(ともしちきょ...
明王院
  明王院本堂(国宝) 明王院(みょうおういん)は広島県福山市草戸町にある真言宗大覚寺派の仏教寺院である。芦田川に面した愛宕山の麓にあり草戸稲荷神社が隣接している。かつては常福寺と言われており、中世には草戸千軒町が、門前町として栄えていたところとして有名である。本堂と五重塔は国宝に指定されている。中国三十三観音霊場第八...
福山城
  福山城(再建天守) 福山城(ふくやまじょう)は広島県福山市丸之内1丁目にある城で、城跡は国の史跡に指定されている。久松城(ひさまつじょう)、葦陽城(いようじょう)とも呼ばれる。日本における近世城郭円熟期の代表的な遺構であり、2006年2月13日、日本100名城に選定された。元和8年(1622年)に完成した。新規の築...
潮待ちの港・鞆の浦たっぷり5時間
おすすめ鞆の浦モデルコース 福山中心部発 明王院 芦田川に面した愛宕山の麓にあり草戸稲荷神社が隣接している。かつては常福寺と言われており、中世には草戸千軒町が、門前町として栄えていたところとして有名である。本堂と五重塔は国宝に指定されている。 圓福寺・大可島城跡 朝鮮通信使が来日した際には上官が宿泊した。いろは丸沈没事...
潮待ちの港・鞆の浦のんびり3時間
おすすめ鞆の浦モデルコース 福山中心部発 明王院 芦田川に面した愛宕山の麓にあり草戸稲荷神社が隣接している。かつては常福寺と言われており、中世には草戸千軒町が、門前町として栄えていたところとして有名である。本堂と五重塔は国宝に指定されている。 圓福寺・大可島城跡 朝鮮通信使が来日した際には上官が宿泊した。いろは丸沈没事...