岡山交通

冷泉山荘

概要=移築復元された明治時代の民家

塩釜ロッジの隣に静かにたたずむこの民家は、移築復元された明治時代のものです。忘れかけた日本の伝統がゆっくりと息づいています。実際にご利用いただける“本物のいろり”のほか、調理スペースもあります。畳、障子など明治時代の内装で、忘れかけた日本の伝統を再発見していただけます。この民家は、真庭郡八束村下福田の二若才逸(ふたわかさいいつ)氏が隠居所として明治10年(1877)2月に建てたもので、昭和47年、当時の村長であった二若弘(ひろむ)氏(才逸氏の4代目)より両備バスが譲り受け、塩釜(しおがま)を訪れる人々に失われつつある古き蒜山の風俗に親しんでもらおうと、ここへ移築したものです。この地方でなければ見られない囲炉裏の間のある蒜山特有の入母屋造り平屋建てで、広さは約165m2(約50坪)。家の中には牛小屋もあり人と牛とが同居するといった間取となっています。二若才逸氏は岡山城主、宇喜多秀家の家臣であった金田氏(真庭郡落合町出身)の子孫にあたります。孫の太郎(たろう)とその子弘(ひろむ)は戦前戦後、それぞれここ八束村の村長を務めました。


大きな地図で見る
所在地 岡山県真庭市蒜山下福田27-50
URL http://www.salvo-ryobi.co.jp/shiogama/
備考
この掲載情報は古くなっている可能性がありますので、必ず公式HP等でご確認のうえご利用下さい。
選択可能な車種
画像をクリックするとその車種の詳細ページを開きます









本社 〒700-0942 岡山市南区豊成1-14-12
TEL 086-263-3337 FAX 086-264-9893
お問い合わせ先一覧はこちら

Return Top