岡山交通

清泰院・池田忠継廟

概要=江戸時代初期の大名の霊廟として貴重

岡山藩主池田忠継、池田忠雄の菩提寺である。元来は慶長14年(1609年)池田利隆が法源寺の名で建立した寺院で、岡山市中心部の小橋町にあった。その後、慶長20年(1615年)に岡山藩主池田忠継が死去すると、後を継いで藩主となった弟の忠雄がここを兄の菩提寺とし龍峰寺と改称した。寛永9年(1632年)忠雄が31歳の若さで死去すると、その子で鳥取藩初代藩主の池田光仲が父とともに母・三保姫(芳春院)の墓所とし清泰院と改称した。この寺院は鳥取藩の管理下に置かれ、鳥取藩が経費を支給し番士も鳥取より派遣された。しかし、廃藩置県後の明治10年(1877年)には鳥取藩の支給も途絶え、以後の寺院は困窮することとなった。昭和39年(1964年)国道2号新京橋の架橋に伴い、現在地に移転した。

池田忠継廟

慶長20年(1615年)死去の後、建立された。廟は桁行3間・梁間2間の単層入母屋造りである。徳川家康の外孫であることから廟の扉には徳川家紋章「葵紋」が打たれている。内部の正面には須弥壇が設けられ、そこに忠継の座像と位牌が安置されている。廟の真下に円形の木棺に胡座した忠継の遺骨が埋葬されている。昭和53年(1978年)廟を当地に移転するにあたり発掘調査が行われ、大名の埋葬形式を知るうえで貴重な資料を得ることが出来た。この際に忠継毒死説の確認のため遺体の調査も行われたが裏付けられる証拠は得られなかった。


大きな地図で見る
所在地 岡山市南区浦安本町28
URL
料金
営業時間
定休日
備考
この掲載情報は古くなっている可能性がありますので、必ず公式HP等でご確認のうえご利用下さい。
選択可能な車種
画像をクリックするとその車種の詳細ページを開きます









本社 〒700-0942 岡山市南区豊成1-14-12
TEL 086-263-3337 FAX 086-264-9893
お問い合わせ先一覧はこちら

Return Top