岡山交通

岡山空港

概要 岡山空港は、岡山県岡山市北区にある地方管理空港である

岡山市南部に開設された旧岡山空港は地形的に滑走路の延長ができず、ジェット化のため1988年に現在地に移転した。旧岡山空港は岡南飛行場としてセスナ機など小型機専用の空港として存続している。東京便が新幹線との競争力のある距離であり、利用客の駐車場を無料にするなどの利用策を採っている。(第1駐車場をのぞく)2008年度の利用者数は123万1000人で、滑走路拡張にあたって1997年度に岡山県が2011年度の予測値とした121万3000人を1万8000人上回り、新設・拡張時の需要予測を超えた数少ない事例とされている。なお、実際の2011年度の利用者数は予測から6万人近く上回る127万人であった。国内線は東日本大震災の影響で微減であったが、国際線が好調だったことで前年を上回っている。FAZ(輸入促進地域)にも指定されており、航空貨物ターミナルも整備し、旅客だけでなく、航空物流の活性化を図っている。2014年3月30日、日本航空が東京線を1往復増便し6往復となり、全日空の5往復と合わせ東京線は開港以来最多となる11往復となった。(Wikipedia)

所在地 岡山県岡山市北区日応寺1277
URL http://www.okayama-airport.org/

この掲載情報は古くなっている可能性がありますので、必ず公式HP等でご確認のうえご利用下さい。

選択可能な車種
画像をクリックするとその車種の詳細ページを開きます









本社 〒700-0942 岡山市南区豊成1-14-12
TEL 086-263-3337 FAX 086-264-9893
お問い合わせ先一覧はこちら

Return Top