岡山交通

大滝山福生寺

概要=子院の西法院は山陽花の寺二十四か寺第十四番

国分寺を除けば、国史に名をとどめる県内最古の寺院です。歴史は古く、孝謙天皇の招きで来朝した唐僧・鑑真大和上が奈良時代の天平勝宝6(754)年に開山した、と伝えられています。その後、真言宗に属し、寺観は壮麗を極めますが、万寿元(1024)年に火災にかかり、衰微します。観応元(1350)年、足利尊氏が軍を備前福岡にとどめたとき、当山再興の発願があり、尊氏の勧めで播磨から良圓と良長が来山し伽藍を復興、中興の祖となりました。以降、足利氏代々の保護を受け、盛時には33坊を数えたといわれています。康正元(1455)年、赤松・山名両氏の戦乱に遭い、三重塔と仁王門を残して全山を焼失。その後、漸次復興して江戸時代に至り、岡山藩主池田侯の厚い保護の下、伽藍および13院が整備されます。現在は西法院と実相院、福寿院の3院が法灯を伝えています。足利義教公が願主となって建立された三重塔は、国の重要文化財に指定されています。このほか、岡山県重文の本堂や仁王門、備前市重文の大師堂など見るべき文化財を数多く有しています。


大きな地図で見る
所在地 岡山県備前市大内995
URL http://www.sanyo-hananotera.com/14-saihouin.html
料金
営業時間
定休日
備考
この掲載情報は古くなっている可能性がありますので、必ず公式HP等でご確認のうえご利用下さい。
選択可能な車種
画像をクリックするとその車種の詳細ページを開きます









本社 〒700-0942 岡山市南区豊成1-14-12
TEL 086-263-3337 FAX 086-264-9893
お問い合わせ先一覧はこちら

Return Top