岡山交通

倉敷市立美術館

概要=丹下健三の設計

美術館の建物は、日本を代表する建築家・丹下健三氏が1960年に倉敷市庁舎として設計したもので、1983年に美術館として再生しました。丹下は、伝統と共存し新たに市民のよりどころとなるような建築を目指したといいます。鉄筋コンクリート造で、3階建てながら5階建て分の高さがあり、横に掛け渡された約20メートルの梁とそれを支える太い柱と厚い壁が雄大なスケールを誇っています。美術館のコレクションは、倉敷市出身の日本画家・池田遙邨(ようそん)の作品が充実。このほかに洋画家の坂田一男、斎藤真一、木工芸家の大野昭和斎らの郷土ゆかりの作家たちの作品を収蔵しており、コレクション展でテーマにそって展示替えをしながらご紹介しています。


大きな地図で見る
所在地 倉敷市中央2-6-1
URL http://www.city.kurashiki.okayama.jp/dd.aspx?menuid=11459
料金 大人200円、学生(大・高)100円 (中・小)50円
営業時間 9:00~17:15(入館締切16:45)
定休日 月曜日(祝日の場合翌日)、12/28~1/4
備考
この掲載情報は古くなっている可能性がありますので、必ず公式HP等でご確認のうえご利用下さい。
選択可能な車種
画像をクリックするとその車種の詳細ページを開きます









本社 〒700-0942 岡山市南区豊成1-14-12
TEL 086-263-3337 FAX 086-264-9893
お問い合わせ先一覧はこちら

Return Top