岡山交通

プリウスαを小型タクシー登録

メーカーの協力により、小型タクシー仕様が可能に

この開発バンパーを使用した導入は全国初

需要の多い小型タクシーの快適性を向上させながら、環境にも配慮

両備グループでは岡山市内で運行するタクシー3社(岡山交通株式会社、両備ホールディングス株式会社両備タクシーカンパニー、岡山タクシー株式会社)において、トヨタ自動車製のプリウスαを小型タクシーとして導入いたします。
両備グループのタクシー3社は環境対応を目的に平成22年よりセダン型プリウス10両を小型タクシーとして使用しておりましたが、より空間が広くお客様に快適に乗車していただくために、この度ワゴンタイプのプリウスαを導入することといたしました。
また、LPG対応車として改造を施したことにより、CO2の排出量がガソリンよりも12%削減されるため、さらに環境に配慮した運行が可能になります。
プリウスα導入につきましては、発売当初に検討を行ないましたが、車両寸法により料金が中型扱いとなるため導入を見合わせておりました。今回、岡山トヨタ自動車株式会社、岡山トヨペット株式会社、有限会社エフ・ケイメカニックの3社様のご協力により、小型タクシーとして登録できるバンパーを開発できたことから、導入に至りました。

車両概要<プリウスα>


購入金額:
車両費 235万円
改造費 110万円(LPG、バンパー改良)
合 計 345万円/台×5台=1725万円
車両の特徴:
ガソリンと電気で走行する事ができるプリウスにLPGでも走行できるように改造し、ガソリンとLPG満タンでバイフューエル計測値23.4km/L×約90L(ガソリン+LPG)=2,106km(航続距離は約2倍)の走行が可能です。
このバイフューエルシステムは、既に両備グループのジャンボタクシーの一部車両にも同様のシステムを搭載しています。
プリウスαはタクシー料金の区分としては本来中型適用ですが、バンパーの改造により小型タクシーとして認可を受けています。
※小型の料金区分の為には車両の全長を4,600mm以内に収めなければいけませんが、プリウスαは4,615mmあります、そこで後部のバンパーを新しく製作し、25mmの短縮に成功、従って4,590mmとして登録、小型タクシーとしての営業が可能となりました。
お客様にご乗車いただくための後席の足元の広さは充分に確保されています。
比較 プリウスα 26cm / プリウス 23cm / コンフォート  25cm
※計測方法は国土交通省の基準による
※前席シートを一番後ろまで下げた状態で後席との間を測定
燃費:改造メーカー発表 23.4km/L
協力メーカー:
●車両販売元
・岡山トヨタ自動車株式会社(所在地:岡山県岡山市北区大供3-2-12)
・岡山トヨペット株式会社(所在地:岡山県岡山市北区伊福町1-20-12)
●LPGへの改造及びバンパー製作
・有限会社エフ・ケイメカニック(所在地:大分県大分市三佐6-2-21)
車両公開日:
平成25年2月5日(火)10:30~ 両備HD錦町オフィス (今回導入の5両)

10

本社 〒700-0942 岡山市南区豊成1-14-12
TEL 086-263-3337 FAX 086-264-9893
お問い合わせ先一覧はこちら

Return Top