いろは丸展示館

 

いろは丸展示館

いろは丸展示館(いろはまるてんじかん)は、広島県福山市鞆町の鞆の浦にある、鞆沖合で1867年5月26日に起こったいろは丸と明光丸の衝突事件の概要を展示する博物館である。1989年(平成元年)7月に開設された。展示館は鞆の浦のシンボル「とうろどう」(常夜灯)のすぐ手前に位置する、「大蔵」と呼ばれる江戸時代築の土蔵(国の登録有形文化財)を利用している。同館では、慶応3年(1867年)に鞆の浦沖で沈んだ「いろは丸」の引き揚げ物などの関連資料を、沈没状況のジオラマとともに展示、紹介している。2階には坂本龍馬の隠れ部屋が再現されていて、高知県の造形作家・故岡本驍(たけし)の作による等身大の龍馬の蝋人形が置かれている。

展示内容
  • 沈没状況のジオラマ – 海底20mに眠るいろは丸の一部を原寸の70%で再現 壁面のイラスト、ジオラマの造形は高知県の造形作家・故岡本驍(たけし)の作。
  • いろは丸より引き揚げられた陶器や部品
  • 坂本龍馬の隠れ部屋ジオラマ (本来滞在した邸宅の升屋清右衛門宅も福山市鞆支所隣に現存)手に万国航法を持ち鎮座するは、高知県の造形作家・故岡本驍(たけし)の作による等身大の龍馬の蝋人形
坂本竜馬、夢とロマンの足跡 いろは丸展示館

この海の沖に、坂本竜馬の「いろは丸」が沈んでいる・・・・