福禅寺・対潮楼

 

福禅寺

福禅寺(ふくぜんじ)は、広島県福山市鞆町にある真言宗大覚寺派の仏教寺院。山号は海岸山、院号は千手院。境内は「朝鮮通信使遺跡鞆福禅寺境内」として国の史跡に指定されている。創建は平安時代の950年頃、空也による創建と伝えられる。現在の本堂と隣接する客殿(対潮楼)は江戸時代の元禄年間(1690年頃)に建立された。江戸時代を通じて朝鮮通信使のための迎賓館として使用され、日本の漢学者や書家らとの交流の場となった。 1711年(正徳元年)に従事官の李邦彦が客殿からの眺望を「日東第一形勝(朝鮮より東で一番美しい景勝地という意)」と賞賛し、1748年(延享5年)に正使の洪啓禧が客殿を「対潮楼」と名づけた書を残す。いろは丸沈没事件の際、海援隊と紀州藩の交渉の場となった。

 

福禅寺・対潮楼
 

福禅寺からの眺め
広島県観光ホームページ/対潮楼

福禅寺の客殿として元禄年間に建てられたもので江戸時代には朝鮮通信使の一行が宿泊した迎賓館となっていました。大広間の座敷から眺める弁天島・仙酔島など瀬戸内海の景観は素晴らしく朝鮮通信使の李邦彦は「日東第一形勝」と称賛しました。境内は国の史跡に指定されています。