潮待ちの港・鞆の浦のんびり3時間

おすすめ鞆の浦モデルコース

福山中心部発

明王院
Myooin
芦田川に面した愛宕山の麓にあり草戸稲荷神社が隣接している。かつては常福寺と言われており、中世には草戸千軒町が、門前町として栄えていたところとして有名である。本堂と五重塔は国宝に指定されている。

圓福寺・大可島城跡
Enpuku_temple_Hondo
朝鮮通信使が来日した際には上官が宿泊した。いろは丸沈没事件の談判の際、紀州藩の宿舎に使用された。

対潮楼(福禅寺)
Fukuzenji
江戸時代を通じて朝鮮通信使のための迎賓館として使用され、日本の漢学者や書家らとの交流の場となった。 いろは丸沈没事件の際、海援隊と紀州藩の交渉の場となった。

鞆の浦歴史民俗資料館
Tomonoura_museum
万葉の時代から栄えた鞆の浦の歴史と文化を紹介する施設で、鞆城跡(福山市指定史跡)に建てられている。庭から鞆公園(国の名勝)や四国の山々を見渡すことができ、ここからの景色は一見の価値がある。

大田家住宅・七卿落遺跡
Ota_house2
瀬戸内海の近世商家建築を代表するもので、1991年5月31日に国の重要文化財指定を受けた。また鞆七卿落遺跡(ともしちきょうおちいせき)として広島県指定史跡(1940年指定)となっている。

いろは丸展示館
Irohamaru_tenjikan
鞆沖合で1867年5月26日に起こったいろは丸と明光丸の衝突事件の概要を展示する博物館。2階には坂本龍馬の隠れ部屋が再現されていて、等身大の龍馬の蝋人形が置かれている。

常夜塔
tourodou
鞆港西側の雁木の南端に立つ常夜燈(とうろどう=燈籠塔)は、何と言っても鞆の浦の1番のシンボル。

福山中心部着

ご確認下さい

モデルプランにつき、お好みでアレンジ・カスタマイズ可能です。
主催旅行・募集型旅行企画商品ではありません。