カテゴリー別アーカイブ: PR manager

新型コロナウイルスの感染予防対策

岡山交通では、新型コロナ禍の中、お客様に安心してタクシーをご利用いただくために、乗務社員はマスクを着用し、タクシー車両では、車内の除菌・車内の換気・飛沫防止用ビニールシートの設置等の対策を行っています。
また、各営業所においても、乗務社員は出勤時の健康チェック・手洗い・うがい・咳エチケット等を励行し、運行管理者はフェイスシールドを着用した上で、乗務社員と距離をとっての点呼を実施しています。
写真は、豊成営業所での点呼の様子を撮影したものです。
広々とした点呼場のおかげで、間隔をあけての点呼が可能ですが、コロナ禍であっても安全が一番!乗務前にしっかりと安全について指示を出す姿がシールドの下から見受けられます。



長期化する新型コロナウイルス感染を予防するために、今後も、お客様、乗務社員の感染リスクを最大限に抑える対策を実施して参ります。
安心して乗っていただける岡山交通のタクシーをぜひご利用ください!

「チャギントンタクシー」が登場しました!

2020年2月10日、岡山の街にチャギントンタクシーが登場いたしました!
今年、創立110周年を迎えた両備グループは、全社を挙げて「歩いて楽しいまちづくり」を進めており、岡山の「まち」を駆け巡るタクシーだからこそできる応援はないかと考え、チャギントンラッピングを施したタクシー車両を導入いたしました。チャギントンタクシーは岡山市内で3台だけのレアなタクシーです。
通常のイエロータクシーと異なり、車体は濃い藍色ですが、行灯で両備グループのタクシーとわかるようにしております。


左右のドアとボンネットには、チャギントンのキャラクター「ウィルソン」と「ブルースター」が大きく描かれ、車内のシートカバーにもたくさんのキャラクターがあしらわれています。


現在、岡山市内を走っている「おかでんチャギントン電車」「おかでんチャギントンバス」に、「チャギントンタクシー」も仲間入りし、子どもも楽しいまちづくりでタクシーの魅力を発信しながら岡山の街を盛り上げたいと思います。
しばらくは、ご乗車の記念品もプレゼントしておりますので是非ご乗車ください!
もちろん事前のご予約も可能です。ご用命は、両備タクシーセンター086-262-3939まで!

岡山交通のチャギントンタクシー担当は、寺岡乗務社員です。ご予約をお待ちしております!!

新型グランエースを導入しました

2020年1月14日、岡山トヨペット株式会社様Hi Touch東岡山店にて「グランエース」納車式を開催していただきました。

昨年12月発売の新型グランエース、県下第1号車として岡山交通へ納車になったことでおこなわれたものです。

当日は、岡山トヨペット株式会社役員の方々にもご臨席いただき、キーの贈呈、花束を贈呈していただきました。




岡山交通では、グランエースの中でも黒色6人乗りを採用したことで、高級感のある、広々とした車内空間を確保しました。
インバウンドや、ビジネスシーンで活用し、岡山を中心とした瀬戸内の魅力も発信できたらと考えています。
グランエースは貸切での運用となりますので事前にご予約が必要となりますが、来客時の送迎などに是非ご利用ください。

2020.1.6(月)リーダー任命式

1月6日、新しく完成した豊成営業所社屋の2階会議室にて、2020年度のリーダー任命式を執り行いました。
岡山交通では、各営業所に10名程度のチームを組織しており、リーダーはそのメンバーを牽引する役目を担っています。
リーダーは、毎年、各所属長により選任され、新年には決意も新たに任命式が行われます。
勤務の都合で出席できない方もいらっしゃいますが、各営業所からリーダーが一堂に会し、土江代表より一人ひとりに辞令が渡されました。





最後には、全員で今年のタクシーユニットスローガン「変化に挑戦!やれば結果が見えてくる」を唱和しました。
変革の年になる今年一年、安全・安心に向けて社員一丸となって取り組んで参ります。

岡山交通・豊成営業所 新社屋完成!!

2020年1月9日、新・豊成営業所が豊成へ完成し、開所式を挙行しました。
当日は、氏神である天野八幡宮宮司様にお越しいただき、神事が執り行われました。
神事は、土江代表、塩谷労働組合委員長、池田豊成営業所所長、関係社員のほかに、設計のアーキスコープ様、施工の大本組様、北川鉄工所様にも参列いただき、工事の無事への感謝と今後の営業所繁栄を全員で祈念いたしました。





豊成営業所の新築工事は、既存社屋の老朽化と、乗務社員の働く環境の改善を目的に実施したしました。
豊成営業所は、98台の車両を保有し、130名の乗務社員が勤務する岡山交通の中では最も大きい基幹営業所です。



今回の設計では、広い点呼スペースの確保と、休憩スペースの充実、トイレ等水回りの整備、セキュリティの強化に重点を置いていただきました。
お近くへお越しの際にはぜひお立ち寄りください。







今回の工事は、第Ⅰ期工事として豊成にある自社敷地内へ営業所棟を建設したものですが、次はⅡ期工事として本社棟の建設が始まります。本年2020年11月完成を目指して安全第一に進めて参ります。
旧本社屋のあった場所へ新本社屋を建設することから、駐車場等で皆様にはご不便ご迷惑をおかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

岡山交通・西大寺営業所 新社屋完成!

2019年11月18日、岡山市東区可知に新しく建設した西大寺営業所の新社屋にて、開所式を執り行いました。
当日は、営業所の繁栄と安全を祈願するため、宮司様にお越しいただき神事を執り行い、土江代表、塩谷労働組合委員長、西大寺営業所・荒木所長をはじめ12名が参列いたしました。



今回の新社屋は、西大寺中にあった旧西大寺営業所の老朽化と、乗務担当社員の働く環境の改善を目的に建て直しをしたものです。
元々、車庫のあった可知への建設は、タクシー車両の車庫と営業所が離れた場所に位置していたことによる不便な面が解消でき、コンパクトな営業所ではあるものの、洗車機、女子更衣室等も新たに新設するなど、働きやすい環境が整った営業所となりました。







南側の壁面には岡山交通ホームページのトップ画像にも採用されている「街並みを歩く人々とイエロータクシー」のイラストが描かれ、道行く人の目を引くデザインにもなっています。お近くにお越しの際は、ぜひご覧ください。


開所式の最後には、荒木所長の決意表明もあり、岡山交通西大寺営業所、社員一同、安全第一で決意新たに頑張って参ります。

2019.08.05(月) 西営業所3班が無事故走行100万キロを達成しました!!

2019年7月23日、岡山交通・西営業所3班の7名が、100万キロの無事故走行を達成いたしました!
2016年6月5日から2019年7月23日の3年1ヶ月の期間、誰ひとり欠けることなく無事故での運行を果たされました。
班員7名全員が日々安全を怠ることなく、その積み重ねが、みごと100万キロという記録となりました。
8月5日の会議にて、土江代表よりリーダーの江原乗務社員へ表彰状と賞金が贈られました。

引き続き無事故を継続していただき、無事故走行200万キロを目指してほしいと思います!

西営業所3班のみなさん、おめでとうございました!!

2019.07.01(月) 創立記念日に永年勤続表彰式を挙行

岡山交通は7月1日が創立記念日で、毎年その日は永年勤続表彰式が執り行われます。
今年も7月1日(月)には、本社にて表彰式が行われました。

表彰は、勤続年数10年、15年、20年・・・・と5年刻みで表彰され、今年の受賞者は52名となりました。
まずは、表彰状の授与です。


土江代表、塩谷委員長より祝辞をいただきました。


今年、勤続年数の最長は、なんと勤続50年を迎えられた工場長で、半世紀に渡り岡山交通を支えてくださっている方です。
この日出席した受賞者19名を代表して、謝辞を述べられました。

創立75年を無事に迎えられたのも諸先輩方の尽力の賜物であり、それを引き継ぐ者として気の引き締まる思いのする表彰式となりました。
最後には出席者全員で記念写真を撮りました。

受賞者の皆様、おめでとうございました!

2019.06.11(火) 岡山交通新社屋建設工事がいよいよ開始!起工式が執り行われました!

岡山交通は、このたび、本社新社屋の建築工事に着手することになりました。
6月11日には、現地での起工式が執り行われ、小嶋会長はじめ、工事関係者、岡山交通社員等、約30名が参列して工事の安全祈願をおこないました。




現在の本社屋は昭和41年に建設され築50年を越える建物のため、老朽化も進んできたことから新社屋を建築することになりました。
今回の工事では、2階建て1棟、3階建て1棟、立体駐車場2棟が建築されますが、2階建て棟の1階には、豊成営業所を配置し、来年2020年年明けには新豊成営業所として営業が始まる予定です。
全体の工事が完了するのは2020年10月の予定です。2020年11月には新社屋での新しいスタートが切れるよう日々尽力して参ります。

今回の工事は現社屋の敷地へ建て替えすることから、解体の期間もあり、多くの皆様にご不便ご迷惑をお掛けすることもあろうかと思いますが、何卒どうぞよろしくお願い致します。

こちらが完成予定図です。

2019.04.25(木) いよいよ始まる瀬戸内国際芸術祭2019!おもてなしの準備を・・

瀬戸内の島々を舞台に3年に1度開かれる「瀬戸内国際芸術祭」春の会期が、いよいよ明日4月26日(金)から始まります。
岡山県内はもとより、県外から外国から多くののお客様が来訪されます。
有名な直島をはじめ、瀬戸内の観光の足としてタクシーやハイヤーを使われるお客様をご案内する機会も増えてくるシーズンとなりました。

そこで!観光仕事に携わったり、ジャンボタクシーやレクサス、アルファードに乗務する乗務担当社員や、運行の手配を担当する職員のみなさんに瀬戸内国際芸術祭をより深く知っていただこうと福武財団の瀬戸芸担当者・曽根原様にお越しいただき勉強会を開催しました。

曽根原様のお話は、2010年から開催された瀬戸芸の歴史や、福武財団が瀬戸内全体の活性化のためにいかに取り組んで来られたかなど紹介していただき、あらためて瀬戸芸を知ることができました。

また、今回の瀬戸内国際芸術祭2019のテーマについても説明していただき、瀬戸芸に向かわれるお客様により一層の魅力を伝えられるよう参加した乗務社員の方も熱心にメモ取る姿が見られた勉強会となりました。

みんなで瀬戸内・岡山の魅力を発信して行きましょう!

福武財団 曽根原様、本日はお越しいただきありがとうございました!