年末年始の輸送等に関する安全総点検実施期間初日の今日は両備タクシーグループが開催している研修に参加しました。
この研修は、岡山県警ふれあい号による適性診断(動態認知診断、速さと正確、反応時間と視野、夜間視認性体験装置診断)と事故画像での再発防止、危険予知の研修です。
Hふれあい号車
Hふれあい号1
両備タクシーグループでは、加齢とともに衰える「認知、判断、操作」を自覚してもらう為に年に3回実施しています。
お手伝いの間に私も初挑戦してみました。。。。
Hふれあい号2
・・動態認知診断の部位別動態認知率結果では右上視野が86%と今まで全く自覚の無い結果。。。
・・・夜間視認性体験装置診断結果では赤色、黒色が特に見えづらいという結果が。。。。。
診断を受ける事によって、自分の弱点を把握し、また今後の指導にも役立て『日本一安全な運輸企業を目指して』取り組んでまいります!!
。。。。。右上には気を付けようっと。。。