岡山交通

地域(エリア)別索引タグ(キーワード)別索引モデルコース
観光スポット紹介記事を関連するタグ(キーワード)から捜せます
歴史・寺社仏閣、自然
岡山中心部発・日帰り観光モデルコース
所要時間別に「まとめて」見る

愛染寺

概要=鐘楼門及び仁王堂は寺町の中にあってもひときわ目を引く

愛染寺鐘楼門及び仁王堂は、境内の南西に位置し、旧出雲街道に面して建てられている。建立時期は、棟札の写しに記される正保元年(1644)と推定される。建築の形式は一間一戸の楼門で、屋根は正・背面に唐破風が付く入母屋造の桧皮葺である。門の左右には唐破風造の仁王門が付属している。西側に仁王門が取り付くこのような構成は、両山寺鐘楼門(美咲町)があるものの、美作地方でも稀少であり、建立年代が江戸時代前半に遡れる点でも貴重な建物である。さらに、主要な部材に桜を用いていることも建築的な特徴の一つとなっている。愛染寺の創立は、慶長十年(1605)と伝えられ、かっては金剛寺と称していた。明治九年(1876)の火災で、本堂を含むほとんどの建物を消失したが、この建物は境内の東南の門とともに延焼を免れた。火災以前の境内絵図によれば、門の北側正面、現在の大師堂の位置に本堂が建てられていた。鐘楼門及び仁王門は、昭和39年(1964)に津山市の重要文化財に指定されたが、建物の各部に損傷が目立ってきたため、平成十三年~十五年度にかけて解体修理工事を実施した。修理に伴う調査では、江戸時代に小屋組や軒廻りの大規模な補修を受けているほか、大正から昭和にかけて数回部分修理や屋根吹替をを行っていることが判明した。さらに屋根裏から柿板が発見されたことから、屋根が柿板であった時期もある。


大きな地図で見る
所在地 岡山県津山市西寺町98
URL
料金
営業時間
定休日
備考
この掲載情報は古くなっている可能性がありますので、必ず公式HP等でご確認のうえご利用下さい。
選択可能な車種
画像をクリックするとその車種の詳細ページを開きます









本社 〒700-0942 岡山市南区豊成1-14-12
TEL 086-263-3337 FAX 086-264-9893
お問い合わせ先一覧はこちら

Return Top