岡山交通

地域(エリア)別索引タグ(キーワード)別索引モデルコース
観光スポット紹介記事を関連するタグ(キーワード)から捜せます
歴史・寺社仏閣、自然
岡山中心部発・日帰り観光モデルコース
所要時間別に「まとめて」見る

備前車塚古墳

概要=三角縁神獣鏡11面を含む合計13面の中国鏡が掘出された

古墳時代前期の4世紀初頭に築造されたと考えられている。龍ノ口山から南東に延びた標高180mの尾根上にある。全長は48.3m、前方部の長さ21.8m・高さ3.0m、後方部の一辺は23m~24.5m・高さ3.8m。前方部は三味線の撥型に前面に向かって大きく開いている最古の形式の前方後方墳である。法面には葺石が見られるが埴輪は発見されていない。昭和31年(1956年)地元・湯迫在住の男性3人による探索で三角縁神獣鏡11面・内行花文鏡1面・画文帯神獣鏡1面の計13面の後漢時代の中国鏡が出土した。同時に鉄刀・鉄剣・鉄鉾・鉄鏃・鉄斧なども出土した。出土した三角縁神獣鏡11面のうち9面は同じ鋳型で作られた同笵鏡で、京都府木津川市にある椿井大塚山古墳などから出土したものと同笵関係にある。このことから被葬者は畿内との関わりの強い人物であり、古事記に記された「吉備上道臣之祖」大吉備津日子命であるとされている。昭和42年~昭和43年(1967年~1968年)にかけて、岡山大学考古学研究室と岡山理科大学鎌木研究室による合同発掘・測量調査が行われた。後方部ほぼ中央に墳丘主軸と直行して竪穴式石室が発見された。石室は全長5.9m・幅1.2~1.3m・高さ1.5mで、削平された岩盤の上に割石を積み上げている。床面には粘土が敷き詰められ割竹形木棺が納められていたと推測されている。


大きな地図で見る
所在地 岡山県岡山市中区四御神・湯迫
URL http://www.city.okayama.jp/museum/kofun1/05.html
料金
営業時間
定休日
備考
この掲載情報は古くなっている可能性がありますので、必ず公式HP等でご確認のうえご利用下さい。
選択可能な車種
画像をクリックするとその車種の詳細ページを開きます









本社 〒700-0942 岡山市南区豊成1-14-12
TEL 086-263-3337 FAX 086-264-9893
お問い合わせ先一覧はこちら

Return Top