岡山交通

地域(エリア)別索引タグ(キーワード)別索引モデルコース
観光スポット紹介記事を関連するタグ(キーワード)から捜せます
歴史・寺社仏閣、自然
岡山中心部発・日帰り観光モデルコース
所要時間別に「まとめて」見る

備前国分寺跡

概要=奈良時代の後半ごろ創建され,室町時代のころ火災で焼失

赤磐市南西部、岡山市との境に近い場所に位置する。天平13年(741年)聖武天皇による国分寺・国分尼寺建立の詔勅により、8世紀後半に建造された。西大寺の寺伝によれば平安時代後期の11世紀に大規模な火災にあったと伝えられている。その後、規模を縮小し戦国時代に焼失するまで存在していたようである。昭和49年(1974年)に発掘調査が行われた。この結果、南北200メートル・東西180メートルの敷地に、南門・中門・金堂・講堂・僧坊が一直線に配され、南門と講堂を結んだ回廊の中に金堂と塔があり、塔は金堂の南東に配された典型的な東大寺(国分寺)式伽藍配置となっていることが確認された。ただし、中門が南門に非常に接近していることが、他の国分寺に見られない特徴である。寺院の礎石は加工の痕跡があまり見られず、礎石に適した石をそのまま利用していたようである。調査翌年の昭和50年(1975年)に国の史跡に指定された。塔跡に塔心礎が一つ残っており、その上に総高約3メートルの石塔が建っている。これは鎌倉時代に建造されたと推定されており、平成2年(1990年)に赤磐市指定文化財(指定当時は山陽町)となった。


大きな地図で見る
所在地 岡山県赤磐市馬屋
URL http://www.akaiwa-kankou.jp/spot019.html
料金
営業時間
定休日
備考
この掲載情報は古くなっている可能性がありますので、必ず公式HP等でご確認のうえご利用下さい。
選択可能な車種
画像をクリックするとその車種の詳細ページを開きます









本社 〒700-0942 岡山市南区豊成1-14-12
TEL 086-263-3337 FAX 086-264-9893
お問い合わせ先一覧はこちら

Return Top