岡山交通

地域(エリア)別索引タグ(キーワード)別索引モデルコース
観光スポット紹介記事を関連するタグ(キーワード)から捜せます
歴史・寺社仏閣、自然
岡山中心部発・日帰り観光モデルコース
所要時間別に「まとめて」見る

備中松山城

概要  天守の現存する山城として日本一の高さ

相模国から備中国有漢郷へ入国して来た地頭・秋庭三郎重信が臥牛山の最高所・大松山に鎌倉時代の延応2年(1240)に築城したのが最初。1683(天和3)年に水谷勝宗(みずのやかつむね)によって3年がかりで修築され、今の天守の姿になりました。秋には大手門付近の木々が紅葉し、朱に染まる様は圧巻です。現在、一般に「備中松山城」と呼ばれるのは、この内の小松山の山頂(標高約四三〇m)を中心に築かれた近世城郭を指し、天守の現存する山城としては随一の高さを誇ります。城内には天守、二重櫓、土塀の一部が現存し、昭和二五年に重要文化財の指定を受けています。また、平成九年には、これら重要文化財を中心に、本丸の正面玄関ともいえる本丸南御門をはじめ、東御門、腕木御門、路地門、五の平櫓、六の平櫓、土塀などが史実にもとづいて復元されました。さらに傷みが進んだ天守も平成一五年には保存修理が行われて現在に至っています。(おかやま旅ネット)

所在地 岡山県高梁市内山下1
URL http://www.city.takahashi.okayama.jp/soshiki/9/shiro4240131.html
料金 大人300円・小中学生150円
営業時間 【開城期間】
4月~9月  ?9:00~17:30
10月~3月 9:00~16:30
定休日 【休城日】
12月28日~1月4日
備考 大型バスは麓の城入口まで、タクシーは
途中のふいご峠までしか行くことができません。
ふいご峠から備中松山城へは徒歩約20分です。

この掲載情報は古くなっている可能性がありますので、必ず公式HP等でご確認のうえご利用下さい。

選択可能な車種
画像をクリックするとその車種の詳細ページを開きます









本社 〒700-0942 岡山市南区豊成1-14-12
TEL 086-263-3337 FAX 086-264-9893
お問い合わせ先一覧はこちら

Return Top